屋外で起こる水のトラブル

家の屋外にも、水栓柱や散水栓などの水道設備があります。井戸水を使っている家庭では、井戸水を汲み上げるためのポンプを使用していることもあるでしょう。屋外にある水道設備は、物がぶつかったり雨風にさらされたりと、外部からの影響を受けやすい環境にあります。

■水栓柱や散水栓の水のトラブル

屋外の水栓柱の蛇口や根本から水漏れ、破損などが起こった場合、修理や新しいものへの交換が必要になります。排水管が詰まって排水マスから水が溢れ出ているような場合は、屋内にまで影響することもありますので、一刻も早く水道修理業者に連絡します。
地面に四角い穴が開いていてその中に蛇口があるボックス型の散水栓は、車が上に乗り上げることでボックスの蓋が割れてしまうことがあります。この蓋の修理や交換も修理業者に依頼できます。散水栓の蛇口を力任せにひねって、蛇口の本来の位置からずれてしまい、水漏れすることもあります。
季節的な問題もあります。冬場に寒波が到来すると、水栓柱やポンプのパイプの内部が凍結してしまい、水が出なくなることがあります。この場合は、凍結が解けるまで待っているしかありません。寒波が来ることが分かっているなら、蛇口から水をチョロチョロ出しておくなど、事前に凍結対策をしておいた方が良いでしょう。

■井戸水ポンプの水のトラブル

水の勢いが弱くなった、ポンプから異音がする、または水が完全に出なくなってしまったなどの異常が現れたら、何らかの原因でポンプや周辺の設備が正常に機能しなくなってしまったと考えられます。
地下水の底砂を水と一緒に吸い上げてしまい、砂が詰まって水が流れにくくなることがあるようです。ストレーナーや砂こし器が目詰まりを起こしているなら、それらをきれいにすれば元通り使えるようになります。
配管に小さな穴が開いていてそこから水漏れがしている場合は、穴をふさげば水漏れはおさまりますが、穴の場所を特定するのは素人には困難です。夏は水がよく出ていたのに冬は出づらくなったという場合は、地下水位の変動が原因の可能性が高いでしょう。これは季節変動であり、ポンプの故障ではありません。

■まとめ
屋外に設置した水道設備は、日頃目につきにくい分、水のトラブルが起こっても気づきにくいかもしれません。定期的に見回って、水漏れや異常がないかチェックすることがトラブルの早期発見につながります。トラブルを発見したら、早目に水回りの修理業者を呼んで修理してもらうよう心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ