家庭でよくある水のトラブル

家庭でよくある水のトラブル 水まわりの設備の点検やメンテナンスを定期的に行っているという家庭は、少ないのではないでしょうか。普段の生活で使っているときには気付きにくいものですが、水まわりの設備を長年使っていると、不具合がどうしても起こりやすくなります。設備の寿命が来てトラブルが起こってしまう前に買い替えるのが理想的ですが、現実にはなかなかそうはいかないものです。家庭で使っている水まわりの設備にトラブルが起こってしまったら、慌てずに落ち着いて行動し、出来ることから対処していきましょう。家庭でよく起こるトラブルの種類や自分でできる簡単な対処法を紹介します。

■家庭での主な水のトラブル

キッチンやお風呂など家庭の中で起こる水のトラブルは、排水口からスムーズに水が流れない排水トラブル、給水管やシンク下の排水管からの水漏れトラブルなどが多いといわれています。
排水がうまく流れていかないのは、排水管に汚れが溜まっていたり、異物が流れ込んでいたりして水の流れを妨げていることがほとんどです。また、給水管や排水管からの水漏れは、経年によるパーツや部品の劣化、パーツ同士の接続部分のゆるみ、老朽化や外部からの衝撃によって起こった管自体の亀裂などが原因と考えられます。排水管が汚れて詰まっていると、新たなごみが流れてきたときにそれが逆流し、水漏れの原因となることもあります。

■排水トラブルの対処法
水の流れが悪くなったと感じたら、症状がひどくなる前に早めに対処しましょう。市販のパイプクリーナー剤や配管詰まり専用の洗剤を使って汚れを取り除く方法が最も手軽です。
ラバーカップを使うのも一つの方法です。ラバーカップを使用する際には、周囲に水が飛び散っても大丈夫なように、物を他の場所に非難させたり周囲をレジャーシートやごみ袋で覆いましょう。排水口にラバーカップをあてがい、押すときはゆっくりとした動作で、引っ張るときは一気に引き抜くのがコツです。これを何度か繰り返し、詰まりを直します。

■水漏れトラブルの対処法

水漏れを発見したら、いったんその場所の水道の使用をストップします。水道水のメーターのところにある止水栓を閉めてしまえば、それ以上水が漏れることはありません。止水栓が固くて閉まらない場合は、水道の元栓を閉めます。被害を拡大させないためにもレジャーシートやタオルなどで水漏れ箇所の周囲を覆って、家の床ができるだけ濡れないように保護し、家財道具は別の所に避難させましょう。
給水管や排水管の継ぎ目から水漏れしている場合は、パッキンの劣化が原因となっていることが多いです。この場合はホームセンターで同じパッキンを買ってきて交換すれば、水漏れは解消します。空気に触れると固まる液体パッキンという商品もあり、簡易的な修理には便利ですので、何かあったときのためにストックしておくのも良いでしょう。
パーツ同士の接続部分のナットがゆるんでいてそこから水漏れしている場合は、ナットを締め直してやれば水漏れが止まると考えられます。ウォーターポンププライヤーという工具があれば、ナットを締め直すことができます。
管自体に亀裂が入っている場合は、自力で修理することは難しいでしょう。応急処置法として水漏れ専用のテープを亀裂の入っている箇所に巻き付けて水が漏れないようにしてから、すみやかに水道修理専門の業者を呼びましょう。

■まとめ
いずれのトラブルでも、原因が特定できても自分で直すことが難しい場合が多々あります。そのようなときは、無理して自力で何とかしようとするよりも、水道の修理業者に依頼した方が手っ取り早いうえ、確実に直すことができます。修理代を節約したいがために自力で不完全な修理をするよりも、最初から業者に頼んだ方が結果として安上がりになることもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース